So-net無料ブログ作成

白楽から六角橋商店街を抜けて [きのこ0%]


 本日の現場は白楽

 中目黒でも書いたが、東急東横線で降りたことのない駅がまだある。
少し先の菊名、綱島や武蔵小杉などはよく利用しているが、この白楽は今回初めて降りた駅だ。

 西口はフラットに駅外と接続しているが、東口は階段を上った改札口でいわば崖の上のレベルと接続している。傾斜地の裾に駅があり、西口は同レベルにあり東口は傾斜地の頂上にあるということになる。
西口を出て直進するとすぐ閑静な住宅地を抜ける登りになるが、この坂を上ると篠原園地に至る。篠原園地は出張前にアミガサでも探そうかとチェックしておいたのだが、昼一から仕事なので残念ながらパス。

 今日の仕事先は神奈川大学なので六角橋商店街を抜けていく。何故かこの六角橋商店街は有名なのだ。昔の商店街のイメージが残っているからなのか? 確かに立ち飲み屋や金物屋など昔風の商店が並ぶ町並みだった。

 結局仕事が終わったのが夜8時。
六角橋商店街を途中で折れた所の居酒屋で食事して店を出たのが10時頃。白楽駅で横浜方面に行くには階段を上らなければならないが立ち仕事の疲れとビールの飲みすぎで上る気力無し・・・
結局渋谷経由の山手線で帰ることになってしまった。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。